2012年08月30日

禁煙5ヶ月経過しての雑感

IMGP4399

先週末で禁煙して5ヶ月が経過。
現時点で色々わかった事等を。

依存どうのこうの言いますが最終的にはやっぱり本人の意思かなと。
ニコチンの依存よりも生活習慣となってしまった「喫煙という行為」を断ち切るのが大変。
一仕事終えた後の一服、食後の一服などなど。
「食後の一服が最高」と私もそう思っていた時期が確かにありましたが、吸わない人はそんなもん無くても最高です。
飯もうまいし。

手が震えるとか眩暈がするとかいうひどい禁断症状は無かったのですが、とにかく眠くなりました。
前にも書いたけど脳から出る筈の覚醒物質がニコチンに置き換わっている為、禁煙してしばらくは覚醒物質が出ないらしいんですね。
そのせいで眠くなったりするようです。
私も酷い眠気に襲われましたがトイレに立つとか運転中ならちょっと休憩する事でなんとか耐えました。

あ、あとタバコに嫌悪感を持つようになります。
これなんなんでしょうかね。
タバコの害やデメリットを少なからず勉強して禁煙に挑んだからアレなんですかね。
喫煙者を卑下して自分のモチベーションを維持したり。
この辺は外には出さず自分の中だけでの事なんで勘弁してください。
とりあえず嗅覚が鋭くなるというかタバコの臭いに異様な程に敏感になってしまいました。
吸っているか吸っていないか臭いでわかります。

やめると太るといいますがこれも実際どうなんでしょう?
私の場合、やめてしばらくすると異様に腹が減るようになりました。
朝軽く食べ、昼は弁当+カップラーメンを。
夕方頃になってくると腹が減り出たついでにコンビニに寄ってパン等を買い食い。
夕食も普通に食べてビール飲みながら菓子。
と、上記の様な食生活をしていたら見事に太りました。
胃腸の働きが元に戻り腹も減るようになるのでガムなどを食べて気を紛らせた方が良いかも。

私がタバコを止めようと思った一番最初のきっかけなのですが、中国出張へ行った際に上海事務所の喫煙所で一緒になった日本人の方との会話の中で、今は中国の若い人はタバコを吸わない、なぜなら今、中国ではタバコを吸っている男は女にもてないからだと聞き驚いたことから。
日本以上に喫煙マナーが悪そうな中国(偏見)でも若い人は吸わないのか、となんだか色々思うところがあって私もここらで止めてみようと決意したのでありました。
初回禁煙時は10ヶ月で失敗、その後も何回か続けるも1ヶ月程度だったりとなかなか続きませんでしたが、今回は今まで以上の固い意志で挑み継続出来ているので自分の中ではもう卒煙な勢いです。

失敗するのは決まって飲んでいるときの貰いタバコから。
周りが吸っていると本当に吸いたくなるんですよね。
そして吸う為の言い訳を探す為に脳がフル稼動。
みんな吸ってるから良いのでは、飲んだ時だけ吸うのはアリかも、まあ今回は最初の禁煙だから、等々と脳内が吸う為の言い訳と葛藤でいっぱいになりますが、吸いたいという衝動は1分くらいで納まります。
1本吸ったら今までの努力が水の泡と化しますので、そこは冷たい水でも飲んでグッと堪えましょう。
前述したタバコや喫煙者への嫌悪憎悪で頭をいっぱいにしてモチベーションを高め耐え忍ぶのです(喫煙者の方、すみません)
本当にタバコを止めて得る金銭面、健康面のメリットは大きいので止めたいなと思いつつも吸っている人はやめた方が良いと思いますよ。


posted by mowsow Rec. at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。