2013年04月18日

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

LL6.jpg

秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまにある伝統校、音ノ木坂学院。
2年生の高坂穂乃果を中心とした9人の女子生徒が結成した
スクールアイドル"μ's(ミューズ)"が活躍して校内外ともに人気を集めている。
ある日、スクールアイドルとして活動を拡大している"μ's"の9人に、
アイドル部の活動のお手伝いを頼まれたあなた。
ライブを成功させて転入生を増やし、学校をもっと盛り上げていこう!


という訳でμ'sの皆さんにアイドル部のお手伝いを頼まれたとあっては断るわけにはいきません。
「ストーリーパート」と「ライブパート」があり、ストーリーを進めていくとライブパートの楽曲が増えたり、ライブをクリアすることによってストーリーを進める事が出来るという感じ。
ライブをするにあたって部員のカード9枚でユニットを組む必要があるのですが学校を盛り上げるどうこうよりも、ここに大きな試練が待ち構えていたのでした。

部員カードにも格差があり、通常プレイを進めていく中で激レアなカードを引くことはまず不可能。
普通に部員を勧誘しても出るカードはどこの馬の骨かわからない様な一般人ばかり。
そんな現状を打破するには「ラブカストーン」を5つ集めて特待生勧誘を行う必要があります。

LL1.jpg

そんな「ラブカストーン」を手っ取り早く集めるにはコチラで購入せねばいけません。

LL2.jpg

にっこり微笑むμ'sメンバーの横に書かれた「ラブカストーンを購入」の文字。
ストーリーを進めたり、ライブ成功によって得ることの出来るゴールド、ギル、ルピーの様なゲーム内通貨で購入出来るのかなと思いきや日本円です。
ラブカストーン1個85円。
50個購入だと3,000円と購入個数が大きければ大きいほどお徳な様子。
ソーシャルゲームに課金するなんて・・・と、心の中に自ら築いていた大きな壁をレアカードと言う名の巨人が進撃して来るのであります。

LL5.jpg

LL4.jpg

そんな感じで凛ちゃんアイドル覚醒。
チマチマと進めてますがゲーム自体はよく出来ておりなかなか楽しいです。
http://lovelive.bushimo.jp/


posted by mowsow Rec. at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。